縦8.85メートル、横20.2メートル。バレーボール・コートに匹敵するその面積はココ『新宿ミラノ座』のスクリーンサイズだ。座席数、広さ共に日本一を誇るコチラの劇場は今では数少なくなった大劇場の迫力を満喫できる貴重な映画館なのだ。昭和31年12月に“放浪の王者”でオープンして依頼500本以上の大作や話題作を送り続けている。現在に至るまでのヒット作を挙げても“ジョーズ”“E.T.”“ロッキーシリーズ”“ディープ・インパクト”“A.I.”など劇場の歴史を窺うことが出来る。作品としてはハリウッド・メジャーを中心としているものの“存在の耐えられない軽さ”などの重厚な人間ドラマも扱っている。新宿歌舞伎町という場所柄か平日の昼間はスーツ姿のサラリーマンが目立つが、お客様の層としては若いカップルから子供連れのファミリー、熟年層に至るまで幅広い。また「眠らない街、歌舞伎町」の中心地にあるせいか土曜日のオールナイト上映には数多くの映画ファンが詰めかける。正面入口から入場してまず驚かされるのはロビーの広さであろう。

シネコンのロビー以上の広さを1館の劇場が有するというのも大劇場ならでは。作品毎に替えられる装飾はロビーを「これでもか!」と埋め尽くし、いたって賑やかだ。また丁度ホールの最高尾に当たる階上へ上がって行くとそこにも長いロビーがあり映画館を散策するだけでも、あっと言う間に時間は過ぎてしまう。売店には上映作品に関する関連グッズが豊富に取り揃えられており、他にもポストカードやビデオソフトなども充実している。またロビーからでも隣接する“モス・バーガー”を購入できるのがユニークで座席を確保してからでもゆっくりと購入出来るのがウレシイ。今では少なくなった70mmも上映可能な設備を持った場内はワンスロープの座席で大スクリーンの迫力を満喫できる。

1288席もあるので予め自分がどの場所で観たいか当たりを付けておいた方が良いだろう。これだけの座席数を有しているだけに立ち見という事は殆ど無いので安心して足を運べる劇場だ。ただ中には電話で公開直後、座席状況を聞いても信じてくれないお客様もいるという。「“ハリーポッターと賢者の石”の時も大丈夫ですよと申し上げても仲々信じてもらえなかったですね。そこは大劇場の強みでもあるのですが、年に1〜2回しか足を運ばれないお客様にはやはり当劇場のキャパが理解出来にくいのでしょうね。」と語る副支配人の津田英夫氏。「本当はそういったお客様に、もっと足を運んでもらえる様にならないといけないんですけど…。」その為にサービスや設備をより良く改善しようと昨年行われた“新シートコンテスト”。劇場のロビーに十数種類の椅子を展示してアンケートを実施、いよいよ集計結果を元に年内にはリニューアルするというので期待したい。より良いサービスの追及…それが日本一の劇場たる由縁なのかも知れない。(取材:2002年1月)



【座席】1288席 【音響】DS・SR・SRD・DTS・SRD-EX・SDDS

【住所】 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1 シネシティTOKYU MILANOビル ※2015年12月31日をもちまして閉館いたしました。


  本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street