名古屋市の中心部に位置する栄地区。中でも地下鉄名城線の矢場町駅から栄町駅にかけては幾つものファッションビルやブランドショップが立ち並び、多くの若者たちで賑わっている。また、県立美術館と芸術劇場が入った大型文化施設や市民の憩いの場として親しまれている久屋大通公園が近接するなど、このエリアは最先端のファッションとカルチャーが調和した流行の発信基地なのだ。そんな地下鉄矢場町駅に直結する名古屋パルコ東館にある2000年にオープンした『センチュリーシネマ』は、カフェスタイルのミニシアターだ。照明を落とした落ち着いた雰囲気のロビーは、ゆっくりと自分だけの時間を過ごしたい方向けの空間となっており、上映までの待ち時間は勿論、カフェだけを利用する事も可能なので買い物途中にひと休みされる女性に人気のあるスペースだ。「映画館は女性のお客様がメインとなっていますが、カフェを利用されるのはお買い物をされた方だけではなくパルコに入っているテナントのスタッフさんたちが休憩時間に利用される事も多いんですよ」と語ってくれたのは支配人の渡辺和代さん。オープン時は白を基調とした明るくナチュラルな雰囲気のカフェだったが、リニューアル時にガラリと雰囲気を一新して木目調のシックな空間に生まれ変わった。

エントランスをくぐると目を引かれるのが、温かみのある柔らかな光が仄かに照らし出すダークブラウンの木目調の内装。ロビーをそのまま正面へ進むとチケットカウンターを兼ねた受付とコンセッションスタンドがあり、カウンターに設置されたコルトンの光が薄暗いロビーの中で効果的に来場者を導いてくれる。また、ロビーの奥には喫煙者のための分煙コーナーがあるのも愛煙家には嬉しい設計だ。コンセッションでは名古屋で根強いファンを持つGURMANのパンを扱っており、ロビーだけではなく場内に持ち込みが可能という事で、多くのお客様に喜ばれている。「2スクリーンになってから映画をハシゴされる方も結構いらっしゃって、スナックだけではなくパンを扱っているので映画を観ながら食事をしっかりと摂れると喜ばれています」また、オリジナルドリンクにも力を入れており、女性に人気があるのはトマトジュースとジンジャーエールをミックスさせたトマトジンジャー。トマトジュースが苦手な方でも口あたりがまろやかで飲みやすく一度飲まれるとリピーターになるほどクセになる逸品だ。

年輩の女性客が中心となるコチラのヒット作が、設立翌年に公開され半年もロングラン上映を行った“アメリ”というのも納得が出来る。「朝から満席という状態がしばらく続いて…多分、この作品が『センチュリーシネマ』のイメージを定着させたのではないかと思います」当初はこのようにヨーロッパの作品を中心としたプログラムを組まれていたが、運営するスターキャット・エンタープライズの同系列の映画館“ゴールド劇場”と“シルバー劇場”が都市開発に伴う道路拡張のため閉館されてから、両館で掛けられていた作品も上映する事となる。2011年3月にリニューアルを行ない、カフェスペースを縮小して客席数45席の“スクリーン2”を新設し、現在では韓国映画やエッヂの効いた作品など幅広いジャンルを提供している。スクリーンが増えて上映本数も多くなり(モーニング・レイトを合わせて6作品)両スクリーンをハシゴされる方が多くなったという。

メインとなる客席数154席を有する“スクリーン1”は、元々プラネタリウムだったスペースを映画館に改築しており、スクリーンを中心にスタジアム形式の座席が扇型に広がっているのがユニーク。だから最後尾で端の席に座ってもさほど角度が気にならないのが特長的だ。しかも中段まではスロープがついているので車イスの方でも安心して利用できるバリアフリー設計となっている。










スクリーン2も小さいながらも客席はスタジアム形式を採用しており、この程良い狭さが逆に心地良い…と好まれるお客様も多い。「映画が好きでこの業界に入ったのですが、いざ仕事となってみると昔ほど映画を観なくなってしまいました」というのが悩みだという渡辺さんだが、映画館に掛ける思いは変わっていない。「映画館で映画を観るのはアトラクション感覚だと思うんです。野球もテレビではなく球場で観るのは違う行為だと思うんですね。映画館に入って座席がズラっと並んでいる…その中から自分のお気に入りの場所を選んで腰を掛ける。そして場内が暗くなってスクリーンに集中する…という一連の流れが良いんですよね」だからこそ、気持ち良く映画を観ていただくための気配りを何よりも大切に考えているという渡辺さん。「お客様の様子を常に観察をするというクセが身につきましたね。言葉にしなくてもお客様が何か聞きたい事がありそうだな…と思われる素振りを見せた時には私たちから声を掛けるようにしています」(取材:2012年9月)


【座席】 『センチュリー1』154席/『センチュリー2』45席 【音響】 SRD-EX

【住所】愛知県名古屋市中区栄3-29-1名古屋パルコ東館8F 【電話】052-264-8580


  本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street