通天閣の近くに建つ洋画三本立興行と成人映画三本立興行を行っている『新世界国際劇場/国際地下劇場』。明治36年に開催された第五回内国勧業博覧会の跡地利用計画の一貫として都市型遊園地構想が浮上し、現在の場所を中心として芝居小屋や映画館の建設が相次いで行われた。昭和5年にオープンしたコチラの劇場も元々は“南陽演舞場”という芝居小屋だったが、昭和25年に映画館としてリニューアルオープンした。両館とも連日オールナイト興行を行っており、『新世界国際劇場』は場内も大劇場クラスの広さを誇り、スクリーンの大きさと迫力ある立体音響を体験して、1000円という格安料金でアクション映画を中心とした娯楽大作を楽しむ事が出来る。一方『国際地下劇場』も1000円で成人映画を満喫でき、特に入口の手描き看板が何とも言えない良い味を出している。劇場の外観は昭和初期に建てられた近代建築の素晴らしさを今に残しており重厚なデザインは国宝級と言っても過言ではないだろう。
(取材:2003年7月)



【座席】 419席  【住所】大阪市浪速区恵美須東2丁目1番32 【電話】06-6641-5931




“新世界”から少し離れて、動物園前駅を挟んで西側にある西成区山王。大阪の中でもかなりディープな場所にある2つのスクリーンを持つ名画座『トビタシネマ/飛田東映』はある。常連客はもっぱら日雇いの労働者と近所の年輩の男性客。その独特の雰囲気は昔と変わらない映画館の味を今に残している。『トビタシネマ』は洋画を三本立で破格の800円という安さで上映しており、比較的場内は混み合っている。数年前に改装を行ってから、場末の映画館といった印象は無くなったものの、やはり女性客の姿は見られない。場所柄かアクション超大作がメインだが、意外と単館系の作品もまとめて上映され関西初上映という例も少なくない。一方『飛田東映』はその名の通り東映ヤクザ映画がメイン看板だが、ATGの名作やお盆シーズンになると新東宝の戦争映画が上映されたりするのが特徴的。雨の日ともなると、場内は殆ど席が埋め尽くされ朝から夜まで席を占領して、暇をつぶしている人々が多い…これも名画座ならではの風物詩なのだ。(取材:2003年7月)


【座席】 『トビタシネマ』192席/『飛田東映』192席 
【住所】大阪府大阪市西成区山王2-14-3 【電話】06-6641-5801

   本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C) Minatomachi Cinema Street