大阪・天王寺駅と並ぶ商業地域で、近鉄のターミナル駅として明治から栄えてきた近鉄大阪線の大阪上本町駅。駅の所在地が上本町六丁目に位置し、市電が走っていた頃に上本町六丁目という停留所があった事から上六(うえろく)という呼び名の方が通りが良い。隣接する難波、日本橋、心斎橋の開発によって、しばらくは沈滞ムードが漂っていたが、ここ最近では駅周辺の再開発によって再び活況を取り戻している。


そんな街の表通りからちょっと横道に逸れた辺り…小さな雑居ビルの地下に成人映画館『上六シネマ』がある。表には自立式の電飾看板が2台立っているだけなので、映画館というよりも個室ビデオ店という印象で初めて来た人は気づかずに通り過ぎてしまうかも。奥まった入口にある上映作品のポスターが貼られたガラスのショーケース。昭和40年代にはこうした小さな映画館が街のアチコチにあったものだ。

ポスターの上に堂々と掲げられた「にっかつ・新東宝・大蔵映画封切館」という案内板に誘われるように、横にある長い階段を降りていくとそこには「映画」とだけ書かれたスチール製の小さな扉があるだけ。売店を兼ねた小さな受付でチケットを購入(ココは珍しく自動券売機ではないのだ)して場内に入ると地下にあるからだろうか?夏場の暑い日中でも冷んやりとした空気が漂っている。前列がワンスロープ、後列から段差のある天井の高い縦長の場内は、どこからでも観やすい作りとなっており、木目調の壁面が印象的だ。場内の3分の1を個室ビデオに改装したため、変わった形状になっているが、この壁によって生まれた死角が、隠れ家的な居心地の良さを感じてしまう。『上六シネマ』がオープンしたのは昭和45年ころ。正にピンク映画全盛期の頃で創業者は、昭和30年代から表通りに大映の封切館“上六大映”など市内に複数館の映画館を経営していた会社。現在、経営されている(株)松下商会の米田実氏が引き継がれたのは平成8年のことだ。





「とにかくココの社長が厳しくてね…昔の商売人の方なんで、すぐに値切るんです。最初の話で金を決めておきながら、支払う時になってまた“ホンで、なんぼマケテくれるんや?”って(笑)。最初に値切っておいて、金払う時にもマケテくれって言うので、こら商売にならんわって、そのうち取引せんようになったんですわ」と、当時を振り返り笑う。こうして、しばらく疎遠になっていた米田氏だったが、ゴルフ仲間でもあるビルのオーナーから劇場が閉館したことを聞くことになる。その後、ある映画会社が映画館を引き継ぐも2年ほどで再び閉館。それから、しばらく休館されていたところ、米田氏の元に東映の常務より『上六シネマ』をやらないか?という声が掛かる。「オーナーが常務に、誰か映画館やってくれる人いないかって相談したらしく、ある日、私のところにやってきて、やったれやって(笑)」

上六は難波、新世界、飛田の中間に位置しているせいか、近隣の成人映画館が閉館して競争がなくなった今では、日活、大蔵、新東宝のフルラインナップを三本立てで上映されている。『上六シネマ』はアベックと女装さんが半々の割合という、客層としては珍しい映画館だ。「皆さん映画を観ながら思い思いに楽しんでるんですよ」という米田氏。つまり、アベックというのは、彼女と連れ立ってイチャイチャしているのを見せたがる趣味の人たちというわけだ。「あまり行き過ぎた行為の人には注意しますけど、映画が始まっている時は私たちもずっと場内に張り付いているワケにいきませんからね。何かあってお客さんから言ってきたら対応するくらいしか出来ないんですよ」かつては、ワザと見えるようにイチャついて客の注意を引いている間に、仲間が財布などを抜き取るグループもいたそうなので大事なものは自己責任でシッカリと管理される事をオススメする。「番組的にはいいけど、土地柄のせいか、なかなか入りません。どちらかというと映画を観に来るというより、常連さんたちの溜まり場ですわ」その打開策として米田氏は、個室ビデオを導入する。ロビーには壁一面ところ狭しと陳列されたアダルトDVDは中古販売もされている。「最初は幾らかでもお金になったんですけど最近は殆ど売れませんね」





以前は、梅田で経営されている個室ビデオ店で不要になった在庫のDVDを安価で販売して、月に1万から3万円ほどの純利益もあったそうだ。「ワシ、技術屋ですから映画の事はよく分からないんです。上映作品は配給会社に任せているし、劇場を実質的に運営しているのは支配人で、ワシは売り上げの計算だけですわ」と言う米田氏。それでも映写機器の不具合の報告を受けた時は顔から笑みが消えて真剣な表情でスタッフに次々と指示を出されている。「ワシに出来る事は、どないしたらイイか知恵出しているだけ」と語る米田氏は低迷する成人映画館を続けて行くために知恵と工夫で勝負を掛けている。「ウチでやっている特殊な映画は、大手がどこも手を出さないから、かろうじて成り立っているだけです。だから、いかにムダを取り除いて余計に掛かっている支出を無くするかを常に考えているんです」今、次々と成人映画館が姿を消している中、独自の経営で人々に愛され続ける『上六シネマ』。ブルーフィルムの時代からアンダーグラウンドで観る映画の楽しみ方は変わっていない。(取材:2013年8月)


【座席】 48席 【住所】 大阪府大阪市天王寺区上本町6-7-2 三和ビル地下1F 【電話】 06-6773-8380


  本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street