大阪の道頓堀から千日前道具屋筋に掛けては、映画館や芝居小屋が建ち並ぶ一大興行街であると同時にパチンコ、風俗店が軒を連ねる歓楽街でもある。関西の男たちはこの街に様々な愉しみを求めてやってくるのだ。かつてこの街に数件あった成人映画専門館も新しいメディアの登場の影響で今では2件だけとなってしまった。昭和31年に設立された千日前国際会館の地下にある『国際地下劇場』は、そんな時代の流れにも負けずに現役でがんばり続けている封切り館だ。オープン当初は洋画のムーウ゛オーバー作品を低料金で上映する名画座で上の階にある“国際劇場”にお客様が入りきれなくなると地下でも同じ作品を上映してお客様を振り分けていたという。昭和40年代頃から日活がロマンポルノに路線を変更して以来コチラは日活成人映画の封切り館となっている。現在はエクサス作品の3本立興行(新作2本と旧作1本)を行い、毎日オールナイト上映を実施。世の男性の聖域としてありがたい存在となっている。一般のロードショウ館“千日前国際劇場”の入口を入った所に地下へ続く階段がある。成人映画館にありがちなポスターは存在しない、一見成人映画館とは解らない外観のおかげか、人通りが激しい場所に建っているにも関わらず一目を気にせず入って行けるのがありがたい劇場だ。地下にある劇場のエントランスも全面ガラス張りで趣きはミニシアターのよう…。ロビーに入るまでは、ポルノを上映しているとは思えない程だ。

ところがロビーの壁面にある次回作ポスターは間違いなく成人映画そのもの。ただし、しっかりとした電飾のショーケースに貼られているせいか成人映画館特有のアンダーグラウンドの匂いが感じられない。ロビーも明るく清潔感溢れており実に快適なのが特徴的だ。「上映している作品が作品だけに、色々なお客様がいらっしゃるから場内は暗くてもロビーは明るく」という劇場の方針がココに表れている。ワンスロープ式の場内はかなり広くスペースを設けられており、天井も地下とは思えない程高い。

珍しいのは座席が1席1席独立している事。通常映画館の座席は左右のひじ掛けが隣の席と共用というスタイルが一般的だがコチラでは座席にしっかりとひじ掛けが左右に備え付けられている。また座席同士の間が少し開いているので途中で席を立つにしても横に座っている人の前を通らずに済むといった配慮が成されている。客層としては数多の成人映画館同様にゲイのお客様が多く、平日は年輩の方が多く見られる。やはり、家で居場所が少なくなったお父さんたちにとって誰にも邪魔されない映画館の暗闇は落ち着ける空間なのだろう。映画を観て元気を出してお父さんたちは職場や家庭に戻るのである。











最盛期に比べても作品の本数が激減している等という様々な問題を抱えている現在の成人映画界。それは数だけに限らず作品の内容にも影響して来ている。「昔は今に比べると絡みよりも原作が重要なポイントを占めていましたから…有名な日本の純文学をいかにエロティシズムを表現できるか。というのが作り手の力量だった時代でした。最近は絡みをどう見せるか、というのがウリになっているので、昔からの成人映画ファンにとっては物足りない部分も多いんじゃないでしょうか?」と劇場スタッフは最近の作品について分析する。また、映画の主演女優にしても昔はシリーズものには必ず看板女優というものが存在しており、その女優のファンがついていた。そういった固定ファンがリピーターとして劇場を支えてくれていたのだが今ではちょっと売れてくると一般の映画やビデオに流れてしまうという現象が起きているのも事実としてある。「せっかくシリーズがヒットしているのに勿体ない話です」と嘆く。そんな中で神代弓子(イウ゛)や愛染恭子は今でも根強いファンが多い。やはり観客は作品と主演女優の艶技を観に来ているのだ。そういった状況の中でコチラの劇場は可能な限り良質の作品を提供しビデオでは得られない愉しさ、面白さを男たちに贈り続けているのである。(取材:2003年7月)

【座席】 252席 

【住所】 大阪府大阪市中央区難波3-1-36 千日前国際会館地下  2008年3月31日を持ちまして閉館いたしました。

   

本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street