多くの人で賑わう三宮駅から真っ直ぐ港方面へ伸びるフラワーロードを歩く。歴史ある旧居留地に隣接するこの界隈は大手デパートやオシャレな店舗が建ち並ぶ神戸の中心地だ。神戸市営地下鉄の三宮・花時計前駅から直結する神戸国際会館は、進駐軍イーストキャンプ跡の遊休地に、当時最新鋭の設備を備えたコンサートホールとして昭和31年に開館した戦後神戸のシンボリックな建物だ。会館内には、コンサートホールの神戸国際会館大ホールのほか、神戸国際ホテルという宿泊施設もあった。地下には二つの映画館、松竹直営館の"国際松竹"と、日活直営館の"国際にっかつ"があり、特に当時の日活は石原裕次郎人気が頂点に達しており劇場前には連日長蛇の列が出来ていた。

その後、昭和46年には日活がロマンポルノ製作に路線転換をしたため、神戸市の第三セクターである神戸国際会館ではポルノの上映は許可されず、"国際にっかつ"で松竹邦画系、"国際松竹"では松竹富士が配給する洋画系の上映を行なっていた。ところが平成7年に発生した阪神・淡路大震災によって建物は全壊。地下にあった2つの映画館は全壊は免れたものの地上の建物が建て替えを余儀なくされたため、映画館も取り壊しされ、しばらく休館となる。平成11年4月29日に商業ゾーン(地下2F-12F)と高さ116mのオフィス棟(13F-22F)、ビルの頂点には震災犠牲者の鎮魂を祈る灯りのモニュメントがあるビルとして生まれ変わる。そして、"国際松竹"は館名を『神戸国際松竹』と改めて、11階・10階の2フロアで4スクリーンを有する最新鋭の映画館としてリニューアルオープンを果たした。

改築期間中は近隣にあったロードショー館の"三宮シネフェニックス"と名画座の"ビッグ映劇"が、松竹・東急系作品の代替上映を行い、しばらくは市内の作品が集中していただけに、神戸の映画ファンには震災後の明るい話題となった。エレベーターを降りて、円柱形の吹き抜けとなった中庭(KOKOMIC garden)を右手にしばらく進むと映画館のチケット窓口が見える。中庭に面したガラス張りの壁面を通して天気の良い日中には柔らかい自然光が注がれる回廊は実に心地良い空間だ。リニューアル設計段階では11階が『神戸国際松竹』、10階には日活が運営する映画館が入る予定だった。最初は別々の映画館だったため入口も別として、そのまま工事も進んでいたが、途中で日活が権利を放棄されたため、2フロアが『神戸国際松竹』となった。チケットを購入してエントランスをくぐると、すぐ横に10階へ降りる階段があるのだが、元々上下階をつなげる予定ではなかったため急遽作ったものだという。









数年前までは松竹の直営館としての役割を担っていたが、現在は松竹マルチプレックスの系列館として幅広い作品を提供している。「ここは駅から近いのですが、このビル自体に来られるのが年輩の方が多いため、ウチもメインのお客様は年齢層が高いですよ」と語ってくれたのは支配人の笹部雅史氏。ビル内には音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれているコンサートホールのこくさいホールやショッピングセンターのSOLが入っており、地階は三宮地下街のさんちかと百貨店のそごう神戸店と直結しているため、若者の街というよりも大人の文化圏という様相を呈しているのだ。最近ではシネマ歌舞伎やMETライブビューイング:オペラといった新しいカタチのライブ映像が人気を博している。映画としては、GWくらいに掛かる"東京家族"や"わが母の記"、"母べえ"といった家族を描いた作品が強い。「これからの課題は他所では掛かっていない作品を出来るだけ上映する機会を増やして、もっと若い人にアピールしていきたいですね」と語る笹部氏。


最近では中高生を対象とした"ケイオン"や"涼宮ハルヒ"といったアニメにも人気が高まっているという。「場内は昔ながらのワンスロープ型式なので、お年寄りの方とかは階段を上らずに済むので助かる…と、同じ映画をやっていたらシネコンではなくウチを選んでいただいてますね」三宮は徒歩圏内にシネコンがある土地柄であるため、スタジアム型式に慣れている若者はシネコン…というように、作品ではなく映画館の作りで選ぶ選択肢がある事に納得させられた。リニューアル当時は各スクリーンにマーズとかジュピターといった惑星の名前が付けられていたそうだが(現在は番号表示となっている)、宇宙空間をイメージしたロビーは、今でも照明が抑えられており、落ち着いた雰囲気で上映までの待ち時間を過ごすことが出来る。都心にありながら都会の雑踏から隔てられた空間で、ゆっくりと上質の映画を堪能する…『神戸国際松竹』は、そんな贅沢な時間を満喫出来る場所なのだ。(2013年8月取材)





【座席】 『スクリーン1』120席/『スクリーン2』152席/『スクリーン3』99席/『スクリーン4』145席 【音響】 デジタル5.1ch

【住所】兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館11F 【電話】078-230-3580

  本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street