渋谷は今やミニシアターの中心地としてその名を轟かせているが、渋谷公園通り入口にそびえ建つ“ヒューマックス・パビリオン”の中にロードショウ専門館として頑張っている劇場がある。『渋谷ジョイシネマ』…。ヒューマックスの直営館として松竹系、丸ノ内ピカデリー2チェーン系列の作品を上映し続けてきているが、2月から東宝系ロードショウ館として新しく生まれ変わる。1992年11月26日にオープンして以来、場所柄か仕事帰りのOLを中心とした女性に人気の高い劇場だ。正面向かいに、“丸井”周囲を“西武”“ロフト”に囲まれた好立地あるものの、「実はまだ、認知されていないんですよね」と、語ってくれたのは下里幸子マネージャー。「公園通りという場所と、近くに他の劇場がある事で問い合わせや間違って他館へ行かれてしまうお客様が多いんです」それでも、最近ムーヴオーバーとして上映した“マルコヴィッチの穴”が大好評。かなり入場者数が増えたという。こうしたアッヂの効いた作品が、時間が経ってもウケるのは渋谷という街の特性にマッチしたからだろう。

映画ファンにとっては、まさに穴場的な存在なのだが建物は一度覚えたら忘れられない程特徴的な外観。しかも、エレベーターで4階へ上がって一歩ロビーに入ってみると…中央にそびえ建つ球形の巨大なオブジェ。それを囲むようにして劇場が作られているのだ。場内へはロビー左右にある階段から入場するのだが場内へ入るまでの通路にも驚かされる。まるで迷路を歩いているかのような不思議な空間だ。ロビーの窓から見える公園通りの街明りが実にロマンティック、カップルで来れば上映開始までの待ち時間もあっと言う間に過ぎてしまうだろう。またチラシの多さも特徴的で、ミニシアター並みの多さを誇っている。もうひとつ、こちらの劇場はいつも明るくキレイな事に気付く。「うちの標語として“ONLY ONE”というのを各々掲げているのですが、私の“ONLY ONE”として、サービスとクリリネスをモットーにしているんです。ですからいつもお客様が気持ち良く映画を観れるように劇場を清潔に保っています」


確かに、上映が始まってお客様がいなくなったロビーをスタッフが清掃、上映が終了する度に場内のチェックをしている…そのおかげで、いつでも快適に待ち時間や上映時間を過ごせるわけだ。ちなみに、サービスとしては毎週水曜日のレディースデイ以外にもレイトショー割引制度を導入している。毎日、最終回は1300円で観る事ができるのだからファンにとってはウレシイ限り。しかも、最終回を8時以降に設定してくれているおかげで、仕事帰りでも慌てて劇場に直行せずにゆとりを持ってアフター5を楽しめる。また、ロビーには現在上映中の作品のサントラCDを試聴できるブース(なんと!スタッフの手作り)があり、自分のお気に入りの曲がはたして入っているのか?(最近、コンピレーション的な挿入歌が流行っているため肝心の曲が入っていないサントラが多いから)を確認できる。それぞれ担当制を持っているから細かい所までスタッフの心配りが行き届いた映画館…観る人間の立場に立った気持ちの良いサービスなのだ。それは一度行ってみると、きっと理解出来るに違いない。(取材:2001年1月)


【座席】 232席 【音響】 SRSRD

【住所】 東京都渋谷区宇田川町13-19 
【電話】 03-3462-2539

 

本ホームページに掲載されている写真・内容の無断転用はお断りいたします。(C)Minatomachi Cinema Street